人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

人材業界に興味のある方へ朗報。未経験でも入りやすいワケ

例えばIT業界は最低限のIT知識がないとだめですが、
人材業界はそこまで「どうしてもこの知識が事前に必要」というものはありません。

 

ですので、他業界からの転職もしやすいのが特徴です。もし興味があるなら、早いうちに一度経験してみるとよいでしょう。「早いうち」と言ったのもわけがあります。平均年齢よりかなり上になってしまうと、社内でも使いづらい、上司より年上、下手したら社長より年上!なんてことも起きてしまうからです。20代なら適齢期、30代前半なら女性は可能性半々・・・、男性は30代後半がぎりぎりと私個人は予想します。

 

入るのは簡単ですが、数字を毎月積み重ねていける人だけが結果的に残っている気がします。他の業界もそうかもしれませんが、人の入れ替えが激しいのもこの業界の特徴です。「かれこれ何十年みんな一緒に働いています」なんて会社は皆無だと思います。辞める人も多いし、ノウハウを学んだら独立してしまう人もけっこう多いです。やり方さえ理解すれば、「別にこの会社でなくてもできることだ」ということが大半の人は気付いてしまうからです。

「それでもやっぱり人材業界に興味がある!」「人材コーディネーターにあこがれる」なら一度は飛び込んでみて欲しい世界です。会社によって、きっちり給料制のところもあれば完全実力主義で、仕事ができる分だけ稼げる会社もあります。入るか入らないかよりも、自分のカラーに合った会社を選ぶことが大切だと個人的には思います。


ということで、次回は人材系企業の「カラー」について話してみたいと思います。