人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

派遣の仕事を辞退したらどうなる?更新前に辞めたくなったらどうする?300%本当の話を教えます。

人材派遣会社に登録し、仕事を紹介してもらって、派遣先の会社で働く仕事が
いわゆる「派遣(ハケン)」です。

派遣会社から仕事を紹介してもらって、顔合わせもして、
「では明日から来てください」と言われた。
でもやっぱり行きたくないとか、
急きょ働けなくなったという場合もあるかと思います。

また働いてみたら辞めたくなったという事もザラにあるでしょう。
そんな場合の対処法はどこにも書いていません。
知恵袋などの情報は一般の方が「こうしたらいいんじゃないの?」的な

感覚で書いているだけなので、正しくないものも多いです。

本来、辞退や更新前の退職は正しいものではありませんが、
「せめてこうした方がいい」というアドバイスについて書かせていただきます。


【派遣の仕事が決まったけれど辞退したくなったらどうする?】
一番やってはいけないのは、バックレ。
連絡なしに出勤もせず、派遣会社から電話があっても無視を決め込む
パターンです。実行自体は意外と簡単にできます。
しかし。それを行えば、確実にその派遣会社からはあなたは
「要注意人物」として認定されてしまい、その後仕事を紹介してもらうことは
できなくなります。
しかたなく他の派遣会社にまた登録しなおす手間はけっこう大変です。
しかもまたバックレた会社を紹介される可能性すらあります。
良くない態度をとりつづけ、どの派遣会社からも相手にされなくなるような人も
少なくありません。

最低でも、派遣担当者に辞退したいという旨を伝えましょう。
理由が理由なら納得してもらえることもあるでしょう。
ただ「職場の雰囲気がどうも気に入らない」
など先方の会社にも伝えづらい理由だと、担当者としても困惑してしまいます。
そしてなるべく早めに伝えること!
当日の朝に待ち合わせ場所に来なくて電話したら「やっぱり・・・」と言うのは
アウトです。

では正当な理由とは例えば何でしょうか?
(これを用いて嘘はつかないでくださいね)
・急きょ、入院することになった
・怪我してしまって通院できなくなった
・親が入院、怪我してしまった
・近しい人が亡くなった
などが挙げられます。

但し、比較的「それならしかたない」と思われる直前の辞退でも、一発でアウトな派遣会社もありますし、「もうしないでくださいね」と一度なら多めに見てくれるところもあります。ただし複数回行ってしまうとやはりアウトです。
その派遣会社で引き続き仕事を紹介してもらいたいのであれば、誠実な対応をとることをお勧めします。「こういった嘘つけばいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、電話のやりとりで嘘は大概バレてしまうので悪用はやめましょう。

尚、事務職など1人くらい足りなくても何とかなりそうな仕事であればまだダメージは小さいですが、販売スタッフなどシフト制で代わりがきかない仕事の場合、直前の辞退は大ダメージとなります。時には派遣会社の担当者がしかたなくあなたの代わりに仕事するハメになることも現実にあるのです・・・。

 


【更新前に辞めたくなったらどうする?】

派遣のお仕事は「契約」で成り立っています。初めの1か月で1度更新をして、そこから3カ月更新というパターンが標準的なものです。(「絶対にずっと1か月更新」などというところもあります。)
更新のタイミングで辞めたいと言うのは合法的なのでOKです。

辞めたいときにはぜひ更新前に言いましょう!
派遣担当者は、最低でも更新1か月前までには更新するかどうか確認を行います。
(何年もずっと更新を繰り返している派遣スタッフには敢えて確認しないこともありますが。)

ただ、まだまだ更新は先だけどもう辞めたいということだってあると思います。
その時にはまず派遣担当者に相談です。派遣先企業の担当者ではなく、です。
相談するとおそらく「更新まで何とかなりませんか?」など言われることもあると思います。しかし相談次第では、悩みが解決することもあります。
働いている会社に派遣担当者が掛け合ってくれて、仕事内容の改善などにつながることも多いです。
小さなことならまず相談を心がけましょう。しかし、もう何をどうやっても辞めたいレベルであれば派遣担当者に伝えてから辞めるほうがこじれません。

「〇〇さんが今朝来ていないんだけど?」で発覚してしまう「もう辞めたいんです」は最悪です。例えば複合施設(ショッピングモールなど)のなかにあるお店で働いていて、急に辞めた場合。その複合施設にあるお店では二度と働けませんよね。派遣会社ももう利用できなくなってしまいます。それを承知で退職を決意する必要があります。

 

またお店や企業から貸与しているものは返却する義務があります。エプロン、名札、カードキーなど。迅速に返却するようにしましょう。



【勤務先からの貸与品、返さなかったらどうなる?体験談】

あるスタッフが緊急入院してしまい、急きょ退職することになってしまいました。

しかし有名複合施設のショップの名札を借りたまま。
これがあれば、なりすまして施設に侵入することができてしまうため
「早く返してください」と施設側、企業側からも口を酸っぱくして言われていますが
スタッフと連絡がとれなくなってしまいました。

派遣会社の担当者だった私は、何度もスタッフ宅を訪れ、時には手書きの手紙をポストに投函し何とか迅速に返却するようお願いしました。スタッフは入院中だったため、手紙を読んだ家族がようやく返却してくれました。

もし返さない間に、その施設内で事件が起こったらどうなるでしょう。
そのスタッフが疑われてしまいます。このスタッフは事情があっても退職でしたが、それでもあらぬ疑いをかけられてしまうことだってあります。
自分のためにも迅速な返却を心がけましょう。


【直前辞退や更新前の退職を防ぐためには?】

顔合わせ(職場見学)のときに何となく嫌な予感がしたら、
派遣担当者に「検討させてください」と言いましょう。
顔合わせまで言ってしまうと暗黙の了解で断れない雰囲気が漂っていますが
契約前ならまだ傷は浅く済みます。

また契約の話が進んでいる間に
「やっぱり・・・」というようなことがあれば、これも担当者に相談しましょう。
逐一相談して何がメリットなの?と感じるかもしれませんが、
逐一相談しておくことでその派遣会社からの理解が得られます。
「それならしかたない」と理解して貰えれば、派遣会社を変える必要はなく
引き続き別の仕事を紹介してもらうことができます。



【最後に】
派遣の仕事はメリットもあればデメリットもあります。
そのあたりをしっかり理解しながら、働くことができれば
よい働き方ができると思います。
辞めたい悩みが深刻化してしまうこともありますが、
「どうしても」の場合は・・・しかたないです。
ただそれを繰り返す大人になってしまうと、ご本人にとっても
よくないので「同じ辞め方をしない努力」は必要だと思います。

 

 

 

 ★おすすめ過去記事★

jinzaitenshyoku.hatenadiary.jp

 

jinzaitenshyoku.hatenadiary.jp

 

 

jinzaitenshyoku.hatenadiary.jp