人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

次世代の仕事の選び方:月給が高い仕事よりも楽して稼げる仕事を選ぼう

 

転職したい人のほとんどが言うのは

「年収が高い仕事に就きたい」という言葉。

でも年収が高い=本当にいい仕事なのでしょうか?

 

 

◆月給や年収が高い仕事の正体

例えばあなたは上司がやっているクレーム処理や部内を纏める、

デキない部下を叱りつけるなどちょっと嫌な仕事をやりたいですか?

「それでもいいから高い仕事がしたい」ならいいでしょう。

ただ給料がそれなりにもらえるということは、それなりに大変だと

いう裏返しです。

高い給料が貰いたい=大変で、忙しくて、ストレスのたまる仕事

だということをよく理解しなければなりません。

 

 

◆高額年収の仕事、本当に儲かっている?

例えば飲み会の経費は誰が払いますか?

よく上司におごってもらっていませんか?

上の立場になればなるほど、経費も必要になります。

会社の経費で落としている人もいるでしょうが、一部は身銭を

切っている人も実はいるのです。

ストレスが増えるので、ギャンブル、衝動買い、大人買い

走る人も多いです。体調不良で病院に行けば、けっこうお金

とられますよね。手取りが増えた分、実は出ていくお金も増えてしまう

からくりなのです。

 

 

 

◆楽して稼げる仕事=自分に合った仕事、好きな仕事

自分に向いている仕事をすれば、結果も出て、褒められます。

そうすればやる気も出て、またパフォーマンスも上がります。

気付けば頑張った分、ボーナスや加給につながることも。

はじめの時給や月給は高くなくても、仕事が大変だとそこまで思わなければ

体調も崩さず、ムダ使いも減るのではないでしょうか。

 

世間的に高給与こそいい仕事、という捉え方をしている人が圧倒的

ですが、自分に合った仕事をすればおのずと給与もついてくると思うのです。

「それは仕事がデキる人限定の話だろ?」と思われるかもしれません。

ですがそもそも仕事がある程度できなければ、高給与の仕事に体当たりしたって

撃沈するだけですから、ある程度デキる人前提のお話です。

(↓ ここで不貞腐れてページを閉じないで! ↓)

 

◆好き=仕事に絶対つながる、出ていくお金が減る

「自分はそんなに仕事デキないし」と落ち込まないで!

誰だって向き不向きはあります。

全員サラリーマンが向いているとも限りません。

営業職が向く人なんて本当は一握りです。

マニアックな趣味だとしても、自分の好きなことなら何時間だって

出来るという人は多いのではないでしょうか?

苦手、嫌なことだから仕事もいやになるわけで。

儲からない仕事だったとしても、好きだったら楽しいから

「出ていくお金」が減ります。

今まですぐ仕事を辞めていた人だって、

人生で初めて、続けられる仕事が見つかるかもしれません。

 

 

世間体は気にせず、自分の「好き」に貪欲になったとき

「稼げる」の扉はこっそりと開くのです。

みんな「好き」が麻痺して気づいていないだけですが・・・。

 

 

◆あなたにとって楽して稼げる仕事は誰かにとっての

嫌な仕事でもある

絶対的に好きなジャンルの業界、好きな作業こそ

あなたにとっては「楽して稼げる仕事」なのです。

こんなマニアックな趣味稼げないよーって

ぼやいてませんか?

 

マニアックということは敵がいないということでもあります。

競争相手がいない方が実は有利なんです。

もうみんなの真似っ子なんてやめましょう。

そろそろ自分の「好き」に正直になってみませんか?