人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

オフィスが綺麗かどうかで会社を判断したらダメ!大事なのは〇〇〇。

 

「良い会社」ってどう見極めるのでしょう?

私も昔は「オフィスが綺麗かどうか」でけっこう判断していた

節がありました。でもそれは間違いだった・・・。

もちろん綺麗な方がいいに決まっていますが、

 

 

「オフィスは綺麗だけど居心地悪い」

「オフィスは綺麗だけど社風がよくない」

「オフィスは綺麗だけどブラック企業

 

なんてところは山のようにあります。

ではどうやって「良い会社」かどうか見極めればいいのでしょう?

 

あくまで私目線ですが、

大事なのは

 

 

          水回り!!!!

 

◆オフィス外にトイレがある場合は堂々と借りよう

高層ビルなど、フロア内にトイレがあって外部の人でも

自由に入れる場合がありますよね。

そんな場合は、面接前の時間調整や最後の身だしなみチェックに

ぜひトイレへGO!

 

〇洗面所は綺麗か

髪の毛が落ちていないか。水滴が飛び散っていないかさりげなく

チェックするといいでしょう。気が利く、仕事がデキる社員さんが

さっとお掃除している人を目撃することもあります。

 

 

〇外部のお掃除スタッフに優しいか

ただお掃除スタッフが掃除している場合は、社風が見えないことも

あります。その場合は、社員さんがお掃除スタッフを大事にしているかに

目を向けるといいでしょう。

「おつかれさまです」「ありがとうございます」などと言っている会社は

良い会社の可能性大。

 

 

◆こんなトイレは要注意

〇ダメオーラを感じる

社員同士愚痴っていたり、あきらかに仕事つらいというオーラを

出している社員さんがいるようなトイレは注意です。

 

〇汚い

お掃除スタッフに外注していないだろうな~という場合、

社員がしっかり掃除しているかどうかが現れる場所です。

トイレが汚い会社で、「この会社いいな~」という会社、

私はみたことがないです。

社長が備品をケチっていたりする場合もあります。

 

 

〇標語がたくさん貼ってある

手を洗いましょうだの、電気を消しましょうだのやたらと

ベタベタ注意書きが張ってあるトイレもいまいちです。

会社でも口うるさい人がいそうな予感です。

 

〇トイレが男女兼用

女性にお茶くみをさせるなど、古い体質の会社である場合が

少なくありません。女性のつらさを理解していない上層部の人間が

多いと、こんなトイレのことが多いです。

マンションの一角にあるような小さな会社はまだまだ兼用の場合もあるので

気を付けて!女性ですとトイレをつい我慢して、

膀胱炎やひどくなってて腎盂炎になってしまう

ことも少なくないので甘くみないでください。

 

 

〇ザ・昭和なトイレ

足元にごつごつした石がたくさんあってフローリングが緑色で・・・

なんていう昭和っぽいトイレもあります。

オフィスを決めるときに「このトイレでいいや」と決めた

社長のセンスよ・・・。古風な考えの社長率、高いです。

 

 

 

◆実録!「良い会社」のトイレはこんなのだ

ダメなトイレのことばかり書くと

「じゃあ良い会社のトイレってどんなのだよ」と

思うことでしょう。

実際、「ここは良い会社」と体感した会社のトイレは、

なんと各女性社員ごとにポーチを置く棚がありました。

これすごく便利。

1つのトイレに個数が多く、ストレスなく入れました。

正社員だけでなく派遣さんにも棚を使わせてくださり。

その会社はやっぱり派遣さんにも優しい会社でした。

 

会社自体は微妙だけど、社員さんはいい人という会社は

トイレの個室はすごくせまかったのですが、消臭スプレーが

置いてあるなど社員さんの努力の結晶が見られました。

 

 

〇トイレが見えない場合には・・・

トイレが見えない場合には、お茶機や冷水所などの

水回りを見てもいいと思います。

 ウォーターサーバーはあるのに、ボトルの水が空、など。

不自然な点はないか観察してみるとよいでしょう。

 

 

 

◆まとめ

必ずしも外部の人が、社内のトイレを使えないこともあります。

またトイレは綺麗だけど社風が合わないこともあります。

アクティブ系の会社にインドア派の人は向かないですよね。

「良い会社」と一言で言ってもタイプはいろいろなので、

自分に合った良い会社=綺麗なトイレとは限らないので

あしからず。

たかがトイレ。されど入社すれば必ず使用しますし、

仕事の合間の気分転換として大事な場所にもなります。

ぜひ会社選びの指標の一つとしてチェックしてみてください。