人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

就職・転職時の連帯保証人書類ってどうする?リアルな話

就職・転職時には諸々の書類がドサッと渡されますが、
最もインパクトがあるのは「連帯保証人書類」。
保証人書類関係のお悩みについてまとめます。


〇親、知人がいない
人事に相談してみてください。
「親戚や遠い知人でもいいかいないか」と言われることが多いかと思います。
多少時間がかかってもいいから、書類を書くことを促されるでしょう。
契約書類のなかにあれば、提出しなければいけないと心得ましょう。
どうしてもお願いする人がいないという方のなかには、同期入社の人や
職場の人にお願いしている人もいました。



〇親ともう1人保証人を立てなければいけない?!
会社によって書類形式もまちまちです。
保証人1名でよい場合もあれば、「親ともう1人」ということもあります。


〇保証人になったらどうなってしまうの?
借金の保証人と、入社に関する保証人はだいぶ違います。
借金についてはもしものことがあれば肩代わりしなければなりませんが、
就職・転職の場合にはよっっっぽど何か事件になるようなことを
起こさない限りは保証人の方に会社から連絡がいくことはないです。
社用車を壊した、会社の備品を壊したなどのレベルであれば大丈夫です。
新聞沙汰になるような損害レベルであれば分かりませんが、今だかつて
私の身の回りでは起きていませんし聞いたこともありません。


〇なぜ保証人を立てるのか?
一番の理由は安易な気持ちで入社して欲しくないのと、万一の場合にという
2点に尽きると思います。親戚や知人にお願いするのはなかなか気が引ける
かと思いますが、「借金の保証人とは違うから」と説明しましょう。


〇入社時の保証人書類をナメるな
遠方の親戚に書類を郵送し、苦労して書いてもらったのに
名前を書く位置を間違っていた、訂正印を押していない、
押印忘れなど、書類にミスがあればやり直しを命じられます。
自分だけでなく相手にもさらに迷惑をかけてしまうので、
入社書類関係、いろいろあって大変かと思いますが
保証人書類だけはよく見直し、大事に取り扱って会社に提出しましょう。
紛失しないよう迅速に提出する意識も大切です。
特に学生さんは、まだ学生意識が抜けない方も非常に多いです。
入社1発目のミスで「書類ミスした子ね」とレッテルを貼られないよう
に気をつけましょう。