人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

外国人アルバイトが注意すべき点5か条

今回は外国人アルバイトに焦点を当ててみたいと思います。

最近、かなり増えてきた外国人アルバイト。

仕事探し、また就いた仕事を続けるためのどんな工夫や注意が必要でしょうか。

 

 

(1)長期帰国するときは要注意
「国に帰ります」と言った場合、大抵怪訝な顔をされてしまうと思います。

でも「わかった」とOKがもらえた場合でも要注意。

帰国したら「もうシフト空いていないよ」「もう働かないと思った」などと

言われることもあります。
日頃からしっかりと雇用先との信頼関係を築いておく必要性があります。


(2)自分の国の尺度で物事を考えるな

ここは日本です。自国のルールではなく日本のルールを守れない人は、

クビになっても正直しかたないことも。日本のルールが分からないのであれば、
「教えてください」「勉強します」というスタンスで挑みましょう。

 

 

(3)空気を読む
日本のどの仕事でも必要であり、現代日本において必要なスキル。

それは「空気を読む」ということ。この指示はどうして自分に出されたのか。

上司は何を考えてこれをやれと言ったのか。今は何をするべきなのか。

「空気を読む」ことで仕事がデキる人に格上げされる可能性大です。

 

 

(4)口座は一つ作っておこう
給与の支払い先として銀行や郵便局の口座が必要になります。

仕事が始まってからだと作りにいく時間もないので、時間があるうちに

まず1つ作っておくことをおすすめします。


(5)友人の紹介で仕事を探した方がいい
同じ国の友人が働いていて働きやすいということは、自分も働きやすいということ。
友人のアルバイト先を紹介してもらえないか聞いてみるという仕事の探し方、実はとっても有効です。

 

 

 

もちろん、この5か条のなかには日本人だって出来ていない人もいます。

ただ、外国人の場合は言葉の壁もあり普通に日本人よりもさらに不利になってしまう

ことも多いのです。むしろ日本語がペラペラだったら、日本人以上の給料をもらっているなんて人もごく少数ではありますが存在します。

 

お国柄によっては勤勉な人も多いため、雇用主との相性がよければアルバイトから社員登用されるなんて奇跡もあります。諦めず真面目に働けば結果は出る!

まずは上記の5か条に注意してみてください。