人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

働きたくなるコメディ映画NO.1!?「ミスター・アーサー(2011年リメイク版)」

週末はやっと休める!と嬉しいけれど、
月曜が近づくにつれブルーになりますよね。
そんな時は働きたくなるような映画でも見て
モチベーションを高めるのはいかがでしょうか?

 

今回ご紹介したいのは2011年にリメイクされた
「ミスター・アーサー」です。

f:id:writerami:20171104174207p:plain


主役はラッセル・ブランド
ケイティ・ペリーと過去結婚していたというのですから
ちょっと驚き。コメディ俳優さんらしいです。

f:id:writerami:20171104173017p:plain

このお顔の濃さ!
そして本編を観れば分かる破天荒なキャラクター。
日本版リメイクを制作するとしたら
阿部寛さん

f:id:writerami:20171104173418p:plain

青木崇高さん

f:id:writerami:20171104173353p:plain

かしら?

 ヒロインは

f:id:writerami:20171105123958p:plain

なんとなく目鼻立ちが森泉さん

f:id:writerami:20171105124135p:plain

みたいです。
日本の女優さんでいえば
内田有紀さん

f:id:writerami:20171105124351p:plain

山本美月さん

でしょうか。

なんて考えながら観るとまた

f:id:writerami:20171105124413p:plain


面白いです。

◆「ミスター・アーサー(リメイク)」あらすじとネタバレ

 

f:id:writerami:20171105124935p:plain

 

御曹司の息子・アーサーは、お金にモノを言わせて
やりたい放題。見かねた家族はアーサーを結婚させ、
回心させようとする。

そんな時、一般女性・ナオミと恋に落ちるアーサー。
しかし「実は婚約しているんだ」とか
「結婚したまま付き合ってもいい?」と
ありえない発言をして、フラれてしまう。
紆余曲折あるものの、お金持ちの生活を全て捨て、
まっとうな生活を選ぼうとするアーサー。

最後はナオミとハッピーエンドへ。

 

あらすじはざっくりお伝えすると
こんな感じです。

 


人生で働いた事もないアーサーが、
本気の恋をきっかけに仕事探ししたり、働いたり、
アルコール依存症から抜け出そうとしたり。

「(なんとなく)働かなくちゃ」という気持ちよりも、
恋などの大きな原動力って大事なんだなと
感じることができる作品です。

「こんなちゃらんぽらんな奴でも本気だせば
出来るんだから、自分だって!」
と思える作品でもあります。

 

たくさん笑って少しホロリとしたら、
「いっぱい遊んでいっぱい働くか!」
と気持ちをリセットできる。
そんな映画ですので、機会があったら
手に取ってみてくださいね。

 ◆「ミスター・アーサー(リメイク)」映画情報

 

監督 ジェイソン・ウィナー英語版
脚本 ピーター・ベイナム英語版
原案 スティーヴ・ゴードン英語版
製作 ラリー・ブレズナー
ケヴィン・マコーミック
クリス・ベンダー
マイケル・タドロス
製作総指揮 スコット・クルーフ
J・C・スピンク
ラッセル・ブランド
ニック・リネン
出演者 ラッセル・ブランド
ヘレン・ミレン
ジェニファー・ガーナー
ルイス・ガスマン
グレタ・ガーウィグ
ニック・ノルティ
音楽 セオドア・シャピロ
マーク・ロンソン

 (wikipediaより)