人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

「中の人」、仕事を辞めるの巻。

 

 

 

 

たまにはこんなテイストの記事も読んでくださいね。
本当に細々と人材業界でなんとか生きてきたのですが
今年から専業主婦となりました。

というわけで、正式には「元・人材業界の中の人」と
いうことになります。
それでもトータルで10年くらいは業界にいたようです。

この業界は嫌いではなかったので、正直かなり悩みました。
未だに辞めた感覚があまりないといえばありません。
また働けるようになれば働けばいいし、その時また
人材業界に戻るかもしれないし、新しい業界のドアを
ノックするかもしれないし、それは未定です。

でもそれだけ、私にとってこの業界は居やすかったのだ
とも気付くのでした。

 

気付けば人生で専業主婦になるのは初めてです。

上司に指摘されて初めて気づきました。
1、2カ月程度はあったかもしれませんが
こんな本格的なのはお初。


専業主婦って表現は、各々に偏りのあるイメージがつきがちな
ワードなので好きではないですが、
家事や育児に専念する期間が人生で一時あっても
別にいいのではないかと思うのです。

 

とはいえ、私はちょこちょこ働きたい。

時間ができたので、色々な講習会などに参加したい。

辞めてから初めて、自分のこんな声に気付くことができました。
「退職=悪」と考えている方は常識人かもしれませんが、
正直言って会社を辞めた時ほどの解放感はなかなかありません。

これがクセになっている可能性もなきにしもあらずです。
自由の身になって初めて気づける事、見えてくる事は
きっとあるはずだし、もう何度目の退職か分かりませんが
やっぱり私自身にもありました。



最終出勤日に退社した日のスッキリ感たるや。

(退職依存症にはお気をつけください)

もしも「辞めたい」と毎日呟いてお仕事されているのであれば、
それはご自身の本音ですから、本音に耳を澄ましてあげてみて
ください。

 

働くか働かないかではなく、

「人生の一時働かない時期を設けてみる」

のも、刺激的で開放的で…決して悪くない経験かもしれません。
でも当面の生活費は貯金してから実行してくださいね。