人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

「産後の仕事探し」「産後いつから働く?」で検索しているママへ言いたい!仕事はフルタイム、正社員以外の選択肢もあるということ

 

産後の仕事復帰。法律的にいうと、
最短では産後6週間で職場に復帰できるといわれています。
仕事LOVEで戻りたくて戻りたくて仕方ない。
そんな方なら、産前から計画的にパパと相談し、便利な家電を
購入したり、シッターさんの予約、病児保育の予約など
根回しできることはたくさんあるので、
やり尽くしておいて欲しいと思います。

 

◆産後は出産よりもつらい!の事実…。

しかしです。出産もつらいですが、産後はもっとつらい!!!!
ここに私は出産するまで気づくことができませんでした。
なぜって世間ではそんなこと誰も一言も言ってはくれないからです。

出産は生まれてしまえばこっちのものですが、産後は終わりません。
完全母乳であれば定期的な授乳が必要です。ただ添い乳は寝ながらでも

できる場合がある一方、ミルク育児は寒い冬でも起き上がってミルク作り

しなければいけません。

母乳、ミルクどちらにしても出産したその日から、
ぐっすり眠るなんてできなくなります。

しかもいくら赤ちゃんが大声で泣いてもパパはグーグーいびきを

かいて全く気付かない!!どうしてもつらいならパパにミルクを

作ってもらおうなんて思っていた私が甘かった…。

男性は赤ちゃんの夜泣きに気付きづらいのだそうです。
ですので、いくら産前にパパに協力をお願いしていたとしても

「こんなはずじゃなかった」ということとなる可能性は

非常に高いです。

 

夜中、定期的に起こされているため、朝がきてもぼーっと
してしまいますし、授乳していると体力を奪われるため
産前のようにてきぱき、バリバリ、きびきびなんて動けなく

なります。

 

◆認可がダメなら「ゆっくりと仕事復帰する」という選択肢もある!

私自身、保活しましたが激戦区に在住していたため
とても無理…という手ごたえでした。

それは産前から十分感じていて、会社側にも幾度となく

伝えていたのですがやはりそういったことは当事者でない

と理解できない、自分ごとに捉えてくれないなと感じました。

 

認可保育園に入れるためにまず認可外に入れて実績を稼ぐと

いう手法もありますが、認可外に預けて働くなら無理せず

少しずつ仕事復帰していく選択肢もあるということを

言及しておきます。

 

認可保育園の場合は、預ける=働くという選択肢しかありませんが
認可外ならママが働かなくとも預けることは可能です。

 

またいきなりフルタイムやフルに近い形態で働くのではなく、

単発や短期、派遣といった働き方もあります。

 

高い認可外保育料を払うためには共稼ぎしかないのよ!
というご意見もあるかもしれませんが、我が家の場合は
「今、家計が楽でないとしても長期的にみて数年後取り返そう。
また産前の貯金でやりくりしよう」という心持ちでした。

 

◆産後、赤ちゃんの病気は通過儀礼

この経験がママを一人前にしてくれる

出産を機に仕事をやめて、認可外に預けたいからまた新しい

仕事で働きだすというママは特に注意です。

保育園に預けだすと必ず赤ちゃんは風邪を引くなど

病気を貰ってきます。病気をしない赤ちゃんはいません。

(定期的に風邪を引くことで、風邪菌への免疫をつけていく
からある種の訓練ですね)

急な欠勤にも理解がある新しい職場であればいいですが、

そうではないとどうしても働きづらくなってしまいます。

 

私の息子は予防接種を打ったら副反応で熱が出たり、

インフルエンザ予防接種を注射したらその日にインフルに

かかったりと想定外の病も多々ありました;

嘔吐、下痢が止まらないなど軽い病気は一通り経験した

気がします。

赤ちゃんの初めての病気はどう対処したらいいかわからず、

パニックになることも。夜間救急や休日診療に駆け込む

ことも何度がありました。ただ、このように赤ちゃんの

病気をママも乗り越えることによって、「こういうときは

こう」というマニュアル、ママとしての経験を得ることが

でき、ママ自身も一人前のママになっていくことができる

のだと思います。



加えて慣れない育児で疲れているママは、赤ちゃんの風邪が

移ってしまうことも多く、「もうどれだけ休めばいいんだ!」

と欠勤の連絡をするのが自分自身嫌になることもありました。
そんなとき、単発や短期の仕事ならパパの休日に働いたり、
親子の体調の様子を見ながら働くことができます。
派遣の場合は、派遣先と自分の間に

派遣コーディネーターという担当者が調整に入るため、

新米ママに理解の厚い職場を探してもらいやすいです。
(自分自身でそういった職場を見つけるのは、

なかなか難しいですからね;)


新しい職場に慣れるまでは大変なことも多いので、

無理して産後にそれを経験しなくてもいいのではないか

というのが私の持論です。

 

◆ワーママから専業主婦に転職したっていいじゃない?

「産後落ち着いたら働かなくちゃ!」

「育児だけじゃつらいから外の空気も吸いたい、働きたい」

などママの数だけ、働きたいの理由もあるかと思います。
ただ、もう1度言いたいのは産後には終わりがないということ。

赤ちゃんが3カ月になっても、1歳になっても、3歳になっても、

5歳になっても産後は産後なんです。


筆者は現在、5歳児育児に奮闘しており、新生児よりは楽に

なりましたが5歳児には年齢なりの大変さがまたあります…。

女性は男性と違い、出産という大仕事がありますが

男性は一生働き続けなければいけない反面、女性は

人生の節目節目があり、そのタイミングでの転職というのは

最も正当性の高い転職となるのである意味、チャンス!

 

副業、在宅勤務など今は働き方の選択肢が非常に多いです。

子どもが小さいうちは週1日働くでも全然ありだと思います。

ワーママの世界にいると「働くのが当たり前」

「働かないなんてありえない」という価値観だと思いますが、

いざ専業主婦の世界に入ってみると、価値観の違いにはじめは

衝撃を受けたりします笑。

 

でもワーママだったり、専業主婦になってみたり、
色々経験してみることで新たにやりたいことが見つかる
なんてこともあるはずです。
一生ワーママ!一生専業主婦!と自分を縛り付けず、

もっと自由に生きたっていいんだよというメッセージで

このお話は終了🎵とさせていただきます。