人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

お仕事ドラマの観点からみる「獣になれない私たち」

今期、毎週楽しみにしているのが
「けもわた」or「けもなれ」。
ガッキーこと新垣結衣さんと、
とびきりのだめんずを演じる田中圭さん、
毒舌が似合う松田龍平さん、
獣ポジションがこれまた似合う菊池凛子さん
などが出演されています。

ベースは恋愛ドラマだと思うのですが、
お仕事ドラマとしても比重が高いこの番組
ですので、仕事という観点で考察してみます。

 

 

◆「あきら」めがちな晶、
「うやむや」な京谷

常に笑顔、仕事は完璧、誰からも愛される。
それがガッキー演じる晶のキャラクターです。
稀にこういう人いますが、疲れるんだろうなぁ。
第1話だけ見ると「なぜ辞めないんだ?」
と思いますが2話を見ると、前職の上司の紹介
で入社した会社ということが分かります。

でも!前職の上司とは、年1回のバーベキュー
パーティーくらいでしかおそらく会わない仲
ですよね。尊敬していて公私共に仲良し、
というわけでもないんだから、晶が辞めたところ
でそこまで影響ないだろうと思います。

そもそも晶は「働くのは好き」そうですが、
仕事の中身はどうなんだろう?
前職も派遣社員で、現職も上司の紹介ですから
仕事内容に惚れこんだわけではなさそうです。
こういった点から見ても
「流れに逆らえない女」
₌交通量の多い道路を思い切って渡れない人、
なんだと思います。


残業を嫌がるシーンが何度も出てきますが、
じゃあ定時で帰れたら晶は何をするんだろう?
正社員になりたかった割に、残業と昇進を
嫌がるという謎。
特に趣味もなさそうだし。
見ていると、現状にイヤイヤ言ってるけど
実はやりたいこともない女が透けて見えて
きます。ガッキーが可愛すぎて気付きづらい
ですが。

恋愛に関しても、とにかく流れが壊せない。
彼氏の元カノが住み着いているなら、乗り込んで
直接対決とかしないタイプ。
元カノに新しい出会いを見つける、仕事を
見つけてあげるとかいう行動派でもない。
ただこの現状は嫌。
彼氏も彼氏なら
晶も晶なところもあるなぁと思うのです。
(ガッキーファンの方、すみません。
ガッキー批判ではありません)

 

また、ドラマ内では晶は
「仕事できるキャラ」として周りから
認定されていますが、本当に仕事できる
人なら自分が残業せずに仕事が周る仕組みや、
部下をやる気にさせる戦術が
あるはずなんですよね。
晶は
「あなた仕事できるから頑張って☆」
と祭り上げられているキャラ
なんですよね。
それを象徴するためにああいった
松任谷さんという存在があるのでしょう。


「晶」ってどういう経緯で名前を
つけたのか分からないですが、
私からみるといろんなことを
「あきら」めているように見えます。

ドラマのラストでは、晶に
仕事面でもやりがいを見つけてほしいなぁと
思ってこのドラマを見守っています。


ちなみに京谷はというと
「はないきょうや」、逆さまにすると
「きょうやはない」。
たしかに「京谷はない」わ~と思いますw
「きょうや」と繰り返し読んでいると
「うや」という響きが独特で。
まさにうやむやな男にぴったりだなと思います。

 

◆晶のお仕事ファッションについて

晶は社長に勝とうと「強い服」をチョイスしますが、
どうして「自分の好きな服」を着ないんだろう?
松任谷さんを見てごらんよ、と言いたくなります。
靴に関しては、一瞬、自分の「好き」を見つけられたのに
そこから「強い服」にシフトして行ってしまったのが
残念です。

「クリエイティブディレクター」的な役職に
昇進したなら、「クリエイティブだし」と
自分の権限を使ってもう少しくだけた格好したって
いいのになぁと思います。

 

 

◆仕事を探す気のない朱里
朱里はそもそも仕事を探す気がなく、
下手したらまだ京谷のことを諦めたくない。
ずっと京谷の家にいたってなにも変わらない
のに。一見、晶と対照的にみえますが
ある部分では晶とすごく似ている部分がある
人物だと思うのです。
(朱里って読み方変えれば「あかり」で、
「あきら」とちょっと似ています。)
例えば呉羽さんのブランドで働く、とか
すごく合いそう…。
朱里にもドラマラストまでには、やりたいこと
見つけて欲しいなぁと思います。

 

 


「獣になれない」とはつまり
「自分らしく生きられない」ということ
なんでしょうが、このドラマを見ていると
色んな意味で「自分らしく」って難しいなと
気付かされます。
表面上は、周囲に気遣い過ぎてできない
ように見えますが本当は、晶の心の中を
開いたってやりたいものは何も出てこない。
本能があふれ出てくるような「やりたいことがない」
から、獣にもなれないんじゃないかな?
と思います。


すごく結婚したいわけでもないし、
今の仕事を極めたいわけでもない。
なんとなく新しい恋はしたいけど、
相手はいない。

そんな状況を打破するには、
やはり傷ついたって失敗したって
動かないとはじまらないのかなぁと
思います。
こんなに色々と語ってきましたが、
これは晶を責めているわけではなく
自分自身にも当てはまるところあるなぁと
思っています。


それにしても、獣=本能で生きる
人間=本能で生きられない
ってなんだか悲しいです…。
本能で生きる獣ではなく、
本能で生きている人間になりたい
このドラマを見て思いました。

ぼんやり見ているとモヤモヤしてしまう
シーンが多いので、twitterなどで
他の人の感想など読むと
「あのシーンはこういう意味か!」
と分かり、見え方が全然違ってきて
面白いです。

そこからもう一歩踏み込んで、
「自分はさらにどう解釈する?」
とあれこれ考えてみるのも良し。

仕事で悩んでいる人にとっても、
起爆剤になるようなドラマでも
あるように思います。
色んな楽しみ方ができる良質な
ドラマは奥が深いですね。

 

 

※昨日作成した記事がなぜか2記事ずつ
作成されていたため、整理しました。
(システムエラーかと)
bollaさん、せっかく☆つけていただいたのに
すみません。私の記憶にはしっかりと
残しておきます。