人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

未経験でも働ける?!人材業界が人気の秘密

人材業界に入ってみてから分かったことですが、
「人材業界って、ぶっちゃけ未経験でも入れる
数少ない業界」です。と、
個人的には思っています。

ここで注意したいのは、
「未経験OK?じゃあ自分、応募できるじゃん!」
とイコールで自分を結び付けてしまうような人。
「誰でも入れる」とは言ってません…。
具体的に説明します。


◆未経験で人材業界に入れるはこんな人
私自身、人材業界に入るまでは「自分には縁遠い
世界なのかな?」と思っていました。
でも入ってみると自分には性に合っていた
のかもしれません。合計すると、約10年ほど
置いていました。

さて、そんな私から見る
「未経験で人材業界に入れる人」について
詳しく書いてみたいと思います。

①「人が好き」「人に興味がある」という人
人材を扱う業界なので、たとえ直接的ではなくとも
人と人を橋渡しする仕事である
ケースが多いでしょう。
ですので「他人には興味がない」というような
冷酷なタイプはあまり見受けられませんでした。

どちらかというと、お人好し(おひとよし)なタイプ
が多かったように思います。ですので、内々には
色々あったとしても表向きはすごくいい人が多く、
付き合いやすかったです。


②「採用したい」と思わせる人物像
それは採用する側の基準ですので、個人差はあると
思いますが、真面目そう、素直そうな人は有利です。
(↑人材業界に限ったことではないが)
社会人経験がある場合、過去の栄光を引きずる、
「前の会社ではこうだった」とか言っちゃうような
人は煙たがられます…。

 

③社長、上司よりも年齢が下だということ
こちらも人材に限ったことではないかもしれません。
ただ、他業界から「資格を持っている人が欲しいから」
という理由で、自分より年齢が高い人を採用するケースも
ありますが、ほとんどの場合は採用する側よりも
下の年齢を採用します。
ですので、応募する企業の上司となる人が何歳なのかを
確認しておくことは大事だと思います。

 

④人相がある程度よい
パッと見て怖そうな人はこの業界、とても少ないです。
ほとんどの場合は、優しそうなオーラを纏っている
ような人です。ためしに人材業界のどこか会社の
ホームページから、実際に働いている人の顔写真を
見てみるといいです。
「自分はこの人たちとジャンルが似ているか?」
という見方も、一種の判断基準になるかと思います。


⑤業界未経験である
人材業界では、社会人経験はあって業界未経験
という人がとてもたくさん転職しています。
しかも他業種からの転職が多く、それは
驚くほどです。

むしろ業界未経験の方が、
変に染まっていなくて
自分の会社の流儀をすんなり受け入れてくれるので
いいと言う人もいます。
「まっさらな心」
「これからぐんぐん吸収していきます!」
というタイプの人は好まれます。



⑥社会人経験がある
業界未経験は割と歓迎されている人材業界ですが、
一方で社会人経験ゼロという人の採用率はぐっと
低くなります。

それはなぜか?教育するのに時間とコストが
かかるからです。一方、社会人経験があって
業界未経験の人は、具体的な仕事の流れさえ
教えれば、だいたい数か月~半年ほどで
一人で仕事が出来るようになります。

他業界での経験が活かせることも多いです。
例えば、アパレルでの接客経験。
お客様のライフスタイルにあったお洋服を
提案するのは、転職希望者のワークライフを
サポートするのと、仕事の根本はとても
近しいものがあります。

アパレルで培ったお洋服の知識、接客経験、
人を見る能力は存分に生かすことができます。

他の業界でも生かせる知識、経験は
たくさんあるはずです。

 

 

 

転職活動をしていると「未経験」が
レッテル、枷、重荷と感じてしまう人は
多いと思います。
ただ、業界未経験と社会人未経験、仕事内容の
未経験は違う
ということを、ここで声を大にして
述べておきたい事項です。

そして、たとえ社会人経験がなかったり
経験が少ない、経歴が飛び飛びでアピール
出来るものがない人でも、たった一つ!
気の持ちようでアピールできるものがあります。

それは熱意!
社会人未経験や、経歴が「う~ん」という人でも
転職できた人は軒並み、強い熱意を持って
入社してきていました。

尚、新卒採用、第二新卒採用をしている企業で
あればもちろん社会人経験がない、少なくても
OKということです。