人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

脱・副業!仕事を辞める、手放すことで得られるメリット


私自身、この数年で仕事を1つ減らし、2つ減らし。
最後に小さな仕事1つ(元々副業だったもの)
が残っている状態でした。
その状態で昨年末にかけて、私の周りでなぜか
「手放す」というキーワードを目にする機会がとても
多かったのです。

「手放す」?
今の自分にはない選択肢でした。

「今、この小さな仕事1つ手放してしまったら…」
そう考えると、少しの恐怖を感じたのです。
でも。だからこそ。逆に辞めてみたらどうなるんだろう?!
ということでチャレンジしてみました!
「仕事を全て手放すとどうなるのか?」
実体験に基づいて綴ってみたいと思います。


①断捨離できた
これまでは少しでも時間があれば仕事に当ててきました。
HDD録画は「いつか見よう」と貯めっぱなし。
その「いつか」が、仕事を手放すことでようやくやって
きたのです。貯めていたものを実際見てみると、どれも
これもあまりにも面白くなくて驚きました。
「貯めている」ことに満足していたんだなぁと。

また、たまたま図書館で「1分で片付けられる掃除本」という
本を借りたこともあるのですが、ずっと手付かずだった場所を
片付ける時間ができました。結果、スッキリ!



②自分の体調に目を向けることができた
今までずっとできなかった「漢方」の相談をしに、
漢方ブティックに行くことができました。
オススメしてもらった漢方を飲んで数日すると、
体調が激変!酷い疲れが回復しました。
疲れが取れるとモチベーションも上がって、
「やりたい」と思っていた細々したことに
手をつけることができたのです。

 

 

③NOと言える勇気がついた
実は「辞めた最後の小さな仕事」というのは
「辞めた」わけではなくとりあえず「休止」
させてもらっています。
時間があればやりたい仕事ではありますが、
今はちょっと…という気分だけどずっと無理して
続けてきていました。やりはじめればそれなりに
楽しいのですが、この先数か月も、ほとんど仕事
できそうな見込みがないので思い切ってお休みを
提案させてもらいました。
(言うときにはかなり勇気が言ったのですが、
伝えてみると意外とあっさり。)

 

④子どもとの時間が増え、得られるものも大きかった
当たり前ですが、仕事時間が減ったので
子どもと過ごす時間が微増しました。
お出かけスポットに行ってみたり、公園にぶらっと
出掛けたり。そこで得られたのは、子ども以上に私自身が
自然に癒されたということ!
れまでも根を詰めて仕事をすればするほど、
スランプになったり、退職を考えたりすることが
多かったので「もしかして私はがっつり仕事する
タイプではないのかも」という気付きも得ることが
できました。

 


私の場合、在宅ワークの小さな案件だったので、
止めても給与的にはそう変わらなったので痛みは
ほぼありませんでした。
副業は(仕事内容によってですが)
始めやすい反面、人によっては辞めづらいのでは
ないでしょうか。

ここ数年で副業ブームが最高値にきていますが、
その分疲れている人も多いのでは?
私のように一時的にでも「手放してみる」と
見えてくることもあるのではないかと思います。


「手放すことが怖い!」と思うこそチャンス。
手放した先の新しい景色、見てみませんか?