人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

仕事をスムーズに始める、勤務開始後に忙しくならないための質問術

今回は「仕事をスムーズに始める、
勤務開始後に忙しくならないための質問術」です。
ちょっとややこしいタイトルですが、
読んでいただければ納得していただけるかと思います。

 

 



仕事が始まる前って、普段の生活のなかでも比較的
余裕があるものですが、いざ仕事がはじまると
「あの頃が懐かしいな~」なんて思ってしまうほど
余裕がなくなってしまいます。

それなのに、仕事がはじまってから
「振込用の銀行口座作らないと」とか
「バイト用のスニーカー買わなきゃ」とか
仕事に関する雑用のために、勤務後バタバタ
することってよくありませんか?
(学生さんだとまだよく分からないかと思いますが、
これ、なかなかの「あるある」話なのです)


「あぁ、仕事始まる前に知ってればあの暇な時間に
やっておいたのに!」と思う人、非常に多いのです。
しかしちょっと頭を使えば、仕事が始まる前に
これらのことをできるように仕向けることができますよ
というのが今回のお話しなのであります。

 

では、実際どうすればいいのでしょう?
大事なのはたった1つ。
「勤務開始前にしっかり質問しておく」
ただこれだけです。

f:id:writerami:20160905141402j:plain

 

仕事先と一口で言っても、大企業の大量採用から
チェーン店の1アルバイト、はたまた縁故採用
知り合いのお手伝いレベルの仕事まで色々です。

採用する側だって、採用のプロも居ますが
そうではない人もたくさんいますし、逆に
日頃採用ばかりしているからこそ、
働く側の人間にとっては大事なことでも
それが大事かどうかなんて気づかない・
気付けないような採用担当者もうじゃうじゃいます。

だって、入社する1人1人にバカ丁寧に対応している暇も
ないですし、同じことも何百回・何万回も言っていると

感覚がマヒしてきてしまうのです...。


だからといって、そんな採用側に対して受け身過ぎる姿勢は
正直、損。じゃあどう攻めていけばいいかというのは、
これからお話ししますね。


【勤務開始前に事前に確認しておくとよい事柄】
*振込用の銀行口座
これに関する書類を貰ったらすぐ目を通してください。
何なら「採用」と聞いた時点で確認してもいいくらいです。
各会社や勤務先によって、振込口座はまちまち。
「郵便局の口座じゃないとダメ」
「ネット銀行じゃダメ」

はたまた社員ともなれば、経費精算用の口座として
「〇〇銀行〇〇支店で作った通帳がないとダメ」

なんてこともあります。

会社側で通帳を作ってくれるところもありますが、
「自分で作ってください」と言われることも!
これ、勤務開始してから言われると超つらいわけです。
だって銀行は土日やってないのですから。
まだ仕事がはじまっていないときだったら、いくらでも
行けたのにーと後悔しないためにも、早めに確認しておくと
よいです。


*印鑑
「シャチハタじゃダメ」はよく聞きます。
仕事をするようになったら、シャチハタ印鑑、シャチハタじゃない印鑑、

それぞれ1つずつ持っていると後々楽です。

また職種によっては、「訂正印用の小さい印鑑も必要」なんてことも。
そもそもしっかりした印鑑を持っていないと、銀行口座も作れませんし
印鑑、大事ですよ!

 

身元保証人は必要か
すぐ保証人になってくれそうな人が思い浮かぶなら、敢えて質問

する必要もありませんが「ちょっと周囲にいないかも」

「遠方にしかいない」という人は事前に聞いておくと安心です。
勤務開始してようやく取れた休日なのに、遠方の知人のところへ
身元保証人の書類を書いてもらうためだけに足を運ぶとか
正直つらいですもんね。


*服装・靴など
「黒のスニーカーでないとダメ」「Yシャツ必須」
「上履きが必要」など。

服装ルールが多い職場もよくあります。
よく考えたら持ってない、替え用も必要だとなると
せっかくの休日が仕事のための買い出しになってしまいます。
何なら、アフター5に急いで買いにいかなければならないことも。
事前に知っていれば、ゆっくりと買い物できます。



f:id:writerami:20160529183900p:plain

 

【質問するタイミングはいつ?】
早ければ面接中でもOKですが、
まだ採用の見込みもないのにあれこれ聞き過ぎも印象ダウンです。

面接中は一番気になる点だけでも聞いておくとよいでしょう。

採用が決まった段階では、あれこれ聞いても問題ないかと思います。

「入社説明会で教えてもらえる」とぼんやり待っているよりかは、
人事に電話して聞き込みしておくと、勤務開始前の時間を有効に
使えます。また、質問と称し、人事や直属の上司とも事前にやりとり
することで「あれ?この会社、ヤバいかも」と察知できる可能性も。

 

スマートに質問すれば「お、こいつ仕事デキそう」とか
「イイ人っぽいな」という印象を先方に与えることもできるので、
ぜひ戦略的に動いてみるといいでしょう。

 

 

【印象よく見せる質問の仕方】
「あのー、〇〇について知りたくてー。あー、あとこれもー」
という聞き方はあまりスマートではないですね。
事前に何を聞きたいかはしっかりメモしておきましょう。
「実は3点お伺いしたいことがあるのですが」
「いくつかお聞きしたいことがあるのですが、お時間よろしいですか?」

などが好印象です。


また、面接のラスト、大抵「何か質問ありますか?」タイムがあるかと
思います。この時、気になる質問をぶっこんで「特にありません」を

防止するのも手ですね。

 

 

良い質問の用意、質問する行動力。
最終的には全て自分に還ってきますので!
「恥ずかしいから」なんて言っていては、いざ仕事が始まれば

もっと恥ずかしいと思うことが出てきます。
心の訓練とでも思ってやっておけば、後々自分がラクできますよ。