人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

40代主婦、家事と両立できる仕事が見つかる方法

「40代主婦、稼ぎたいけれど家事と両立させたいのはわがまま?」と
先日「朝イチ」で放送されていました。

40代の仕事探し、どうしたらよいでしょう?

 

 

〇平均年齢の高い職場を探す

平均年齢20代の会社に応募しても「扱いにくい」と落とされてしまいます。

求めている人材とスキルが合致していれば、「年齢は目を瞑って・・・」という

こともあるかもしれませんが、会社側としては社内みんなが働きやすいかどうかも

加味して採用を考えるのでなかなか難しいのが現実です。

 

例えば社長が60代、社員やパートさんもみなアラフォー、アラフィフなら
採用される可能性は少しUPします。会社のHPや求人内容、写真などをよく読み検討するとよいかと思います。

 

 

〇ネット求人よりも求人折り込みチラシや求人フリーペーパーを狙え

仕事を探す側としては、ネット求人は絞り込みをかければ自分の求める条件を

一括表示できたり、お気に入りに保存しておいたり何かと便利です。

しかし40代主婦が働きやすいような会社の採用さんはおそらく40代以上。

ネットに詳しくないので、ネット求人を避ける割合は非常に高いです。
「本社の指示で」「無料だから」と使用していることもありますが、

40代主婦向け求人と相性が良いのは、求人折り込みチラシや求人フリーペーパーです。

まずそちらを重点的に見てみるとよいかと思います。

(※私は過去に求人広告の会社で働いていました)

 

 

〇固定概念を捨てる

「仕事=オフィスで事務作業」というイメージがやはり事務人気をけん引していると

考えます。しかしオフィス業務って女性にとって、空調の問題(寒い、冷える)や制服があればあったでサイズの問題、着替える手間、私服OKであればオフィスカジュアルを揃えなければいけないなど地味にストレスなこともあります。
運動不足にもなる、肩こりや目の疲れなども40代になれば若い頃よりもひどくなるかもしれません。

最近は探してみると本当に様々な仕事があるので、「第二の人生」を歩むつもりで

チャレンジしてみるのも人生に彩りがでて楽しいかもしれません。

 

 

〇条件が良すぎる求人に気を付ける
「週1日、3時間からOK!」と謳っている求人はどうしても目に入ってしまいがち。

ただ、必ず詳細をよく読むようにしましょう。また高時給の案件に釣られて派遣会社に登録しても「この求人はすでに決まってしまいました」「貴方の場合は応募できないのです」などと言われてしまうことも非常に多いので、どうしてもその求人に応募した医場合は、登録前に「自分は応募できるのか」をよく確認するといいかと思います。

 

またモニターバイトも、実際はポイントをある程度溜めないと換金できなかったり、

仕事の案件自体が非常に少ないこともよくあります。コツコツでもいいので稼ぎたい、という人には向いていることもあるかもしれませんが。ラクに稼げる仕事はないと肝に銘じましょう。

 

 

〇時給が安くても長く働ける仕事に就こう
日雇いバイトは時給が高いですが、毎日仕事も変わるので

その都度覚えなくてはならず40代の脳ではついていけないわという

方も多いです。同じ場所で同じ作業なら、少しずつ慣れていき
安心して仕事できるのではないでしょうか。

長く務めることで時給も多少上がるかもしれませんし、毎日刺激的だけど

大変、よりも安心で平穏な仕事の方が40代の方には心穏やかに働けるのかなと

私個人は考えます。

 

 

〇焦らず探そう!

今すぐ働かなければならない状況なら、日雇いはダメだのなんだの

言わずプライドも捨て働く事ができるでしょう。

ただ長期的に腰を据えて働く場所を探しているならじっくり時間を

かけるのもいいと思います。求人をたくさん見ると、段々目も肥えてきます。

ブランクがあって不安なら、まずはボランティアなどに参加して積極性や社会性の勘を取り戻すのもいいかと思います。