人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

社会人として大切な最低限のこと3つ!(ちなみに〇〇〇〇が最低限できるようになるといいことと同じです)

先日、幼稚園の先生から「未就園児が
最低限できるようになるといいこと」
についてお話をいただきました。


1、挨拶

2、返事

3、着席

この3つなのだそうです。

でもこれ、社会人としてもとても大事だと思いませんか?


◆挨拶


挨拶はしてもしすぎることはない、と言われるほど大事です。
たしかに社会人当初の頃、「挨拶=恥ずかしい」と思っていました。
でも挨拶は「しない方が恥ずかしい」んですよね。
昔は勝手に「この人は挨拶しなくてもいいか」
と勝手にジャッジしていましたが、
後々になって「やばー、この人にもしておくべきだった」
なんてことも。
そもそも下っ端のくせに勝手にジャッジするなんて失礼
極まりない行動というのを当時は気づきませんでした。

 

ジャニーズの面接でジャニーさんが用務員の恰好をしていた、とか
私立小学校の面接で校長が清掃員の恰好をして挨拶するかどうか見極める、
なんて話もよく聞きますよね。

恥ずかしい、できないというフレッシャーズは
新人研修や外部の研修など受けて自分を鍛えてもいいくらいです。

私自身は、新人研修と営業職で克服できました。

挨拶は、仕事しているしていないにかかわらず、生きている限り
必要になってきます。もう腹くくって挨拶できる人間となり、
素敵な大人の仲間入りをしてしまいましょう。
年齢を重ねるほど、挨拶できない人、中途半端な挨拶
(「あ、ども」とか「おざーす」)はカッコ悪いですし、
仕事のできる人で挨拶出来ない人は皆無です。
たった挨拶できるできないだけで、仕事できるできないの
評価につながってしまうのですから…、



◆返事

仕事の場では返事をしてもらえないと、理解しているか

聞こえているかなどの判断ができないのでとても困ります。
挨拶もそうですが、喉から声を出すのではなくて
腹から声を出すのが重要ですね。
体育会系の部活や吹奏楽などやると、自然と身に付きやすい
かもしれません。


「ハイ」の“い”の時に軽く口角が上がると、尚良いです。
同じ返事でも「はいはい」「はーい」は印象悪。
クセになっていないか確認するとよいでしょう。

電話の際は「はい」「えぇ」を交互にし、合間に
「かしこまりました」など挟むと立派な社会人電話トーク
完成です。


加えて、分からない時には素直に「分からない」と言えるか
どうかも意外と大事です。



着席

「こんなの誰だって出来るだろう」と思うかもしれませんが、

静かに座り続けるのが苦手でひどい貧乏ゆすりをする人、
長時間座っていられない人などもいます。

「どの仕事も続かなった。自分なんて働く価値なし」
と思ったとしても、しっかり着席できているのであれば
「最低限のことができている」と自分を褒めたって
いいと思います。

私自身、社会人当初は仕事時間中
ずっと座っているのがなかなか苦痛でした。
何年かしてやっと慣れていった気がします。


 

いかがだったでしょうか。
「社会人として大事なこと」は
「人として大事なこと」と根本は一緒です。
だから「未就園児ができるようになるといいこと」と

同じなんですね。幼稚園の時だって、社会に出る時だって
結局同じことを求められるわけなのですから、早めにクリア
しておいた方が楽、という気持ちで取り組んでみてはいかが
でしょうか?

そして、この3つさえ出来ていれば働き口はどこかにきっとある!
「どうしても見つからない」という時にはこの3つがしっかり
出来ているのか?と自分を疑ってみてください。


育児休業取得後に退職ってできる?~育児休業後の退職、体験談~

「育休明け 退職したい」でもできるの?
育児休業給付金をもらって退職」なんてあり?
「育休途中 退職」どうしようかな。
「育休 退職 タイミング」で悩んでいる。
こんな方のためになればと私の体験を綴ってみました。

続きを読む

友人や同僚から「転職したい」という相談された時、一番やってはいけないことがあるのを知っていましたか?

 

今回はこんなお悩みに答えてみました。

 

Q:よく友達や職場の同僚から転職の相談をされます。
色々アドバイスするのですが、いつも相手はしっくり
きていない様子。
こちらもせっかくアドバイスしたのに、イヤな気持ちに
なります。どうしたらよいでしょう?

(東京都:K子)

 

f:id:writerami:20161227103821j:plain

 

◆転職したい人にアドバイスしても響かないのはナゼ?

「あー。仕事やめたい」
「今の仕事、マジつらくてー」

こんな話を友人、同僚、はたまた家族から
聞かさせた事、一度はあるのではないでしょうか。
聞いている側は
「こうしたらいいんじゃない?」
ハローワークに行ってみたら?」
なんてアドバイスしてみるものの、
どうも響かない…と感じていませんか?

そう。

響いてないのです。

なぜなんでしょう?

 

◆「転職したい」=相談されている、と
そもそも誤解していませんか?



「紹介会社、こんなところあるよ」

「ハロワならここがおすすめ」
「知り合いのコンサルタント、紹介しようか」

など一生懸命伝えたって無駄なのです。
彼、彼女たちは相談したいのではなく

愚痴りたいだけなのです。


そもそも「アドバイスしてあげよう」と
いう心意気、時には無意識にしていることも
あると思います…。がNG行為!

なので、話を聴く側の人間が一番やるとよいこと

(話す側が求めていること)は、
「じっくり話を聞いてあげること」

のみだと思うのです。

 

本当に転職したい、っていうか…しよう!
そう思ったら、その人たちは

有無をいわさず動き出します。
動かないのに愚痴るのはなぜか。

まだその時期ではない。
決心が固まらない。
口では言うものの、行動は付いてこない。

こういった理由が多いと思います。


「転職したい」「仕事やめたい」と
数回言ったからと言って本当に辞めていたら
身が持ちません。
(もちろんなかには常に有言実行。
辞めたいと言ったら即辞めるという人もいるとは
思いますが)

愚痴でもやはり言霊はあって、
自信のない自分を愚痴で奮い立たせている
効果もあるのだろうと私個人は考えます。


ですので、「転職したい」「仕事辞めたい」
と言われると、人はともすれば「相談されている」
ような気になってしまうことも多いでしょうが、
そもそも相手は相談しているわけではないのです。
話を聞いてもらいたいだけ。

これをよくインプットしておくといいのでは

ないでしょうか。

 

 

◆「転職したい」という人にかけるべき言葉

ですので、話を聞く側の人間がすべきなのは、
アドバイスではなくヒアリング、そして

相手の愚痴を受け止める心の器です。

「そうだね」
「それはつらかったね」
「それは辞めたくなるよね」

相槌を打つのがつらかったら
「仕事辞めたいんだー」
→「仕事辞めたいんだね」

「もうあの上司、最悪」
→「その上司、最悪なんだ?」
と繰り返してあげるだけでも
相手にとってはとても心地よいはずですので、

ぜひ試してください。

これは仕事の愚痴に限らず、
恋愛の愚痴、育児の愚痴、介護の愚痴

などにも応用できます。

 

 

◆相手から「何で分かってくれないの!」
がなくなります

よく「相手を変えようとするな。
自分が変わる方が早い」
というような言葉を聞くと思います。
アドバイス=相手を変えようとしている、
ということなのです。

ぜひ、「アドバイスしてあげよう」ではなく
「相手の愚痴を受け止めてあげよう」と思って

話を聞いてみてください。

これまでは、「なんでわかってくれないの!」なんて

時には喧嘩になっていた状況が激変すると思います。

 

◆本当にアドバイスすべき時はいつなのか?

これまでの話をまとめると、

「転職したい」=相談しているわけではない、
という話でした。

 

では本当にアドバイスを求められている時は
いつなのでしょう。

それは具体的に
「知り合いのコンサルタント、紹介して?」
「◎◎会社って評判どう?」

「来週あたり、上司に退職申請してもいいかな?」

と聞かれた時です。

 

ここをしっかりジャッジしてから回答すると、

「せっかく一生懸命アドバイスしてやったのに!」
なんて事が起こらなくなります。

ぜひお試しくださいね。


「非公開求人」って何ですか?どうして非公開なのですか?

f:id:writerami:20170920124949j:plain

求人には大きく分けて2種類があります。

①公開求人
→求人サイトなど公に公開されている求人。
企業名が出ている場合もあれば、企業名は
伏せているけれど求人は出しているという
状態もこれに当たる。


求職者が求人サイトで検索し、見ることができる点においては
メリットです。但し、誰もが閲覧可能であるため応募者が増える
=あなたのライバルも増えてしまう点は否めません。
また、求人サイトは随時更新しているサイト
もあれば、数年手入れされていないようなサイトも存在します。
そのため「情報は本当に正しいのか」は注意してみる必要が
あります。気をつけるポイントとしては、「更新日時」が
最新の日付がどうか確認するとよいでしょう。

とはいえ、「自分自身で求人情報を検索し、自分の目で
詳細を目にすることができる」点は安心感が大きいですよね。


②非公開求人
→求人サイトに一切掲載されていない求人。
企業が名前を出したくない、募集人数が非常に少ないのであまり
公にしないでくれといわれ非公開になることもあります。
派遣会社、人材紹介会社が掲載せず抱えている案件を指すことが
多いです。

また求人情報自体は人材紹介会社側の手元にあっても、
「まだ求人サイトに載せていない」という状態は
非公開求人となるため、求人を作るまでに採用が
決まってしまえば「結果的に非公開求人だった」
となることもあります。

例えば特殊なスキルや求める人材のレベルが高いため
「どうせ求人出したってレベル外の人しか来ないので、
該当する人だけに声をかけてください」と非公開
オーダーとなる場合もあります。

 

ですので、公開=良い  非公開=悪い
というイメージで見ている方がいるのだとしたら、
そのイメージはすぐ捨てましょう。

どちらがいい悪いの問題ではなく、
「あなたにぴったりの求人」が『良い求人』なのです。

 非公開求人を紹介してもらう場合には、
電話にて口頭で内容を聞くか、メールで情報を
貰うかが主流かと思います。

情報が薄いことも多いので、非公開の場合には
気になる点、分からない点はどんどんつっこんで
紹介会社や派遣会社の人に聞きましょう。

紹介会社・派遣会社側も分からなければ
企業にヒアリングしてくれます。
遠慮せずにどんどん質問することで、
求人の詳細が明らかになります。

なんとなく上澄みだけ聞いてみてよさそうだな~、
と応募するのももちろん個人の自由ですが、
面接に行ってみて詳しく話を聞いてみたら
思っていた仕事と違ったということも。

そのあたりも注意するとよいかと思います。

自分の条件ははっきりしているのだけれど、
合う求人がないという場合に、紹介会社や
派遣会社に伝えてみると、非公開求人を
紹介してもらえることもあるので、
念頭に入れておくとよいかもしれませんね。

神様はあなたに「正社員として生きろ」なんて言ってない

f:id:writerami:20170908124346j:plain

正社員よりも、
アルバイト・パート的働き方が
一番長続きするのではないか?説


私の父は定年前に早期退職し、
今は隠居生活を送っている。

ふと近所を見渡してみると、正社員としてあくせく
働いていた男性ほどそういった傾向にあるようだ。

対して、女性はというと夫といる時間が長くなる
のがイヤなのか?それともまだまだ働けるのか?
60才を過ぎても、細く長く働いている人が多い。
(※筆者の周辺調べ)

世間的に、
正社員=全うな働き方
契約社員・アルバイト・パート=正社員には劣る

という見方をされてしまうけれど、
やはり月~金曜日までみっちり働くシステムだと
定年を迎える頃には
燃え尽きてしまうのではないかと思う。


逆にアルバイトやパートのように、
notフルタイムな働き方で
あればプライベートの時間が多少とれたり、
家事育児と両立できたり

するため、長い目で見ると
永く働くことができるのではないだろうか。

 

 

◆「正社員」=正しいのか?

そもそも「正社員」の定義って何だろう?

時勢の流れでアルバイト派遣社員契約社員と言った
いわゆる非正規雇用で雇われた非正社員と区別するために
用いられるようになった言葉である。

 一般的に日本では、正社員としての職歴以外は、
労働市場において意味があるキャリアとして
評価されないことが多い。

なお、正社員は一般的には正規雇用
企業に雇われた労働者の事を指すが、
法律で明確に定義された概念ではない。 

wikipediaより)

 
だそうだ。
「正社員以外は労働市場で評価されない」なんて言われると、
下手な怪談より怖い。特に自己肯定感が低い人は恐怖感が
強いのではないだろうか。

 

働きたい仕事がたまたま正社員だったり、
正社員で働く現状に不満がなければよいと思うが、
労働市場に認められたいがためだけに正社員にこだわるのは
疑問を感じる部分もある。

 

私自身、正社員にこだわっていた時期もあるが
楽しかったかといわれるとそうではない。
「つらい、つらい」と思い、言い続けながら正社員に
こだわり続けてきた。
その結果、転職経験も増えてしまった。


「正社員」という縛り(ルール)から
逃れてみて気付いたことは、
働き方や職種の幅は広がり、
出来ることも広がるということである。
例えば、子どもの面倒を見ながら
働くこともできるし(在宅パート)、
2つの仕事を掛け持ちしながら、
趣味の時間を持つことだってできる。

 

 

私達は決して神に
「人間界に降り立ったら正社員として生きよ」
と天命を受けたわけではない。
終身雇用で働いたり、正社員で働き続けたからと言って
天国に行けるわけではない。
メリットは生涯年収が高い、福利厚生がある

などだろうか。

ただ、正社員にこだわり過ぎて
身体や心を壊すくらいなら、
そんなルール破ってしまっていいと思う。


年金生活は本当に安泰なのか?

 

年金生活を夢見てがむしゃらに働くという働き方も
ありかもしれないが、それまでに死んでしまったら?
年金の額だって、これからの時代そんなに期待できない。

毎日会社に行くのとは違い、ついつい出不精になってしまう。
人と会うのが億劫になったり、ボケてしまう人も多い。

それよりは少しでも何かの形で社会とつながっていて、

なおかつ雀の涙ほどでもお給料がもらえたら嬉しいと思う。

 


とはいえ、年を取ると肉体労働も無理、細かい作業も厳しい。
となると、株や投資など
「働かなくとも稼げる知識」を得ておくことも

生きる術だと思う。

そして「働き続ける」ことではなく
「休み休みでも働く」という働き方もアリではないだろうか?

 

◆あなたが働かなくったって地球は回る

 

正社員として働き続けている時、私は
出産や育休が恐怖だった。
「本当に休んでいいの??」と恐ろしかった。
でも実際に休んでみても地球は変わらず自転していた。
「こんなに家の周りって自然が豊かだったっけ?」
「時間ってこんなにゆったり流れるものなの?」と

穏やかな気持ちになることができた。

一生、どこかに所属し続ける生き方もあるけれど
一生に一度くらい単なる「自分」として立ち止まってみるのも
新鮮な体験だと私は思う。

f:id:writerami:20170102164043j:plain



仕事をスムーズに始める、勤務開始後に忙しくならないための質問術

今回は「仕事をスムーズに始める、
勤務開始後に忙しくならないための質問術」です。
ちょっとややこしいタイトルですが、
読んでいただければ納得していただけるかと思います。

 

 



仕事が始まる前って、普段の生活のなかでも比較的
余裕があるものですが、いざ仕事がはじまると
「あの頃が懐かしいな~」なんて思ってしまうほど
余裕がなくなってしまいます。

それなのに、仕事がはじまってから
「振込用の銀行口座作らないと」とか
「バイト用のスニーカー買わなきゃ」とか
仕事に関する雑用のために、勤務後バタバタ
することってよくありませんか?
(学生さんだとまだよく分からないかと思いますが、
これ、なかなかの「あるある」話なのです)


「あぁ、仕事始まる前に知ってればあの暇な時間に
やっておいたのに!」と思う人、非常に多いのです。
しかしちょっと頭を使えば、仕事が始まる前に
これらのことをできるように仕向けることができますよ
というのが今回のお話しなのであります。

 

では、実際どうすればいいのでしょう?
大事なのはたった1つ。
「勤務開始前にしっかり質問しておく」
ただこれだけです。

f:id:writerami:20160905141402j:plain

 

仕事先と一口で言っても、大企業の大量採用から
チェーン店の1アルバイト、はたまた縁故採用
知り合いのお手伝いレベルの仕事まで色々です。

採用する側だって、採用のプロも居ますが
そうではない人もたくさんいますし、逆に
日頃採用ばかりしているからこそ、
働く側の人間にとっては大事なことでも
それが大事かどうかなんて気づかない・
気付けないような採用担当者もうじゃうじゃいます。

だって、入社する1人1人にバカ丁寧に対応している暇も
ないですし、同じことも何百回・何万回も言っていると

感覚がマヒしてきてしまうのです...。


だからといって、そんな採用側に対して受け身過ぎる姿勢は
正直、損。じゃあどう攻めていけばいいかというのは、
これからお話ししますね。


【勤務開始前に事前に確認しておくとよい事柄】
*振込用の銀行口座
これに関する書類を貰ったらすぐ目を通してください。
何なら「採用」と聞いた時点で確認してもいいくらいです。
各会社や勤務先によって、振込口座はまちまち。
「郵便局の口座じゃないとダメ」
「ネット銀行じゃダメ」

はたまた社員ともなれば、経費精算用の口座として
「〇〇銀行〇〇支店で作った通帳がないとダメ」

なんてこともあります。

会社側で通帳を作ってくれるところもありますが、
「自分で作ってください」と言われることも!
これ、勤務開始してから言われると超つらいわけです。
だって銀行は土日やってないのですから。
まだ仕事がはじまっていないときだったら、いくらでも
行けたのにーと後悔しないためにも、早めに確認しておくと
よいです。


*印鑑
「シャチハタじゃダメ」はよく聞きます。
仕事をするようになったら、シャチハタ印鑑、シャチハタじゃない印鑑、

それぞれ1つずつ持っていると後々楽です。

また職種によっては、「訂正印用の小さい印鑑も必要」なんてことも。
そもそもしっかりした印鑑を持っていないと、銀行口座も作れませんし
印鑑、大事ですよ!

 

身元保証人は必要か
すぐ保証人になってくれそうな人が思い浮かぶなら、敢えて質問

する必要もありませんが「ちょっと周囲にいないかも」

「遠方にしかいない」という人は事前に聞いておくと安心です。
勤務開始してようやく取れた休日なのに、遠方の知人のところへ
身元保証人の書類を書いてもらうためだけに足を運ぶとか
正直つらいですもんね。


*服装・靴など
「黒のスニーカーでないとダメ」「Yシャツ必須」
「上履きが必要」など。

服装ルールが多い職場もよくあります。
よく考えたら持ってない、替え用も必要だとなると
せっかくの休日が仕事のための買い出しになってしまいます。
何なら、アフター5に急いで買いにいかなければならないことも。
事前に知っていれば、ゆっくりと買い物できます。



f:id:writerami:20160529183900p:plain

 

【質問するタイミングはいつ?】
早ければ面接中でもOKですが、
まだ採用の見込みもないのにあれこれ聞き過ぎも印象ダウンです。

面接中は一番気になる点だけでも聞いておくとよいでしょう。

採用が決まった段階では、あれこれ聞いても問題ないかと思います。

「入社説明会で教えてもらえる」とぼんやり待っているよりかは、
人事に電話して聞き込みしておくと、勤務開始前の時間を有効に
使えます。また、質問と称し、人事や直属の上司とも事前にやりとり
することで「あれ?この会社、ヤバいかも」と察知できる可能性も。

 

スマートに質問すれば「お、こいつ仕事デキそう」とか
「イイ人っぽいな」という印象を先方に与えることもできるので、
ぜひ戦略的に動いてみるといいでしょう。

 

 

【印象よく見せる質問の仕方】
「あのー、〇〇について知りたくてー。あー、あとこれもー」
という聞き方はあまりスマートではないですね。
事前に何を聞きたいかはしっかりメモしておきましょう。
「実は3点お伺いしたいことがあるのですが」
「いくつかお聞きしたいことがあるのですが、お時間よろしいですか?」

などが好印象です。


また、面接のラスト、大抵「何か質問ありますか?」タイムがあるかと
思います。この時、気になる質問をぶっこんで「特にありません」を

防止するのも手ですね。

 

 

良い質問の用意、質問する行動力。
最終的には全て自分に還ってきますので!
「恥ずかしいから」なんて言っていては、いざ仕事が始まれば

もっと恥ずかしいと思うことが出てきます。
心の訓練とでも思ってやっておけば、後々自分がラクできますよ。

 

ハロワ担当者に頼んで企業へ電話をしてもらった時、企業側は正直どう思っている?

ハローワークで仕事を紹介してもらった人なら分かると思いますが、

ハローワークの担当者が様々な事情で転職者に

代わって電話をすることが

あります。これについて正直、

企業側はどう思っているのかお伝えしたいと思います。

 

【ハロワ担当者が企業に電話する内容と、

採用担当者が正直どう思っているか】

 

★応募要項についての疑問点や質問
これについては詳しくお答えするばかりです。
私が勤務していた某銀行は全国各地で応募をかけていたため、
正直電話で印象がよかったから採用に有利になるなどのことは

ありませんでした。

ただ、あまりにも細かく質問し過ぎてくる人は印象悪かったです。

こちらも仕事の傍ら電話対応しているので。

たしか問い合わせ内容はお名前と応募先、

内容を記録で残していたため

聞き過ぎることがかえってあだとなることもあるかも。

 

 

★応募はまだ間に合うか
地域によって「このエリアはもう募集終了」

ということがあったので確認してお答えしていました。

ただ、本当にいい人材であれば募集終了

していても採用するし、なんなら他エリアで

働ける可能性もあるのです。

応募閉め切っているからあきらめようではなく、

どうしても働きたいなら

履歴書を出すべきです。

 

★応募してよいか

応募はまだ間に合うか?はまだしも、応募していいですか?の

電話が正直一番迷惑でした。全国各地で応募しているものの、

窓口は一つだったため大阪から「応募していいですか?」と着信、

次に北海道、次に田園調布などもう答えるのが大変でした。

たとえ応募が締め切っていたとしても銀行の営業職であれば

数人多くたってなんら困りません。

しかも退職者や定年退職者も定期的に出るため、

募集も常に出していました。

関東エリアは充足気味などエリアによる

過不足は多少ありましたが。

 

 

★ハロワ担当者が応募者本人に電話を代わるケース
電話で自己アピールと思っていることも

あるかもしれませんが、応募数もすさまじいため

正直相当インパクトがない限り、覚えていません。

電話を受けた人と、採用において権限がある人が

違う場合が多いのです。

小さい企業なら同一かもしれませんが、

大きめの企業ならあまり意味がないです。

※質問が多すぎて、ハロワ担当者が

「ご本人と代わりますね!」ということも

ありました。

 

 

★書類審査の結果確認

ハローワークで応募した場合、企業はハロワに

結果を伝えなければなりません。

その確認の電話もすごい量でした。

エクセルで検索して回答していました。

時に応募者本人の代理で「結果は?」と聞かれる

ことがありましたが、不採用通知がくると言われていない限り、

一定期間待っても連絡がなければ

まず落ちたと思ってよいでしょう。

一定期間はどのくらい?という疑問があるかと思います。

例えば人事が都内で応募者も都内なら

1週間~10日待てば十分でしょう。

書類の送付先とご自身の住居が極端に離れている

場合には、数日多めに待って

みてもいいかもしれません。


書類選考通過した場合にはお電話します。

出られなければ何度かおかけしますので、不在通知があれば

折り返してみるといいでしょう。特に最近は留守番電話機能が

ない人も多いので。

 

 

★不採用だった理由を聞く

たまーにこんな方もいました。

履歴書を取り出して確認してお答えしますが、

スキルが足りない、転職回数が多いなどと回答していることが

多かったように思います。

 

 

【最後に】

もちろん会社によって異なることも多いと思いますので、

これが企業の絶対ではないことをどうかご理解ください。

むしろ人事採用窓口といっても、血の通った人間の集まり

であるということを理解しておくと、履歴書の扱いや

応募への心構えなども多少変わってくるのではないでしょうか。

 

とはいえ、最後はご縁。

本当にこの言葉に尽きます。

採用されたから幸せとは限りませんし、採用されてからは

新しい仕事のスタートでもあります。

せっかく厳しい関門を潜り抜け採用されても、1か月経たず

退職される方、数か月で辞めてしまう方、必ず出てきます。

採用にこだわるのではなく、ご自身に合った企業を見つける

ことに努めるとよいのではないかと思います。

 

 

 

jinzaitenshyoku.hatenadiary.jp

 

 

jinzaitenshyoku.hatenadiary.jp

 

 

jinzaitenshyoku.hatenadiary.jp