人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

人材紹介会社の人ってぶっちゃけ一日何しているの?お給料は?服装は?

リアルなところはなかなか知られていない紹介会社の人の働き方。

会社によっても様々ですが、一例としてご紹介します。

これから人材系を狙っている就活生、転職希望の方、紹介会社にお仕事を

紹介してもらっているけれどあの人たち何してるの?という興味がある方、

ご覧ください。

 

 

コンサルタント編◆

9:00が会社の定時の場合には、もう少し前に出社。

メールチェックなど。

 

9:00 朝礼

~9:30 部内ミーティング

コンサルタントの状況を報告。

標数値まであとどれくらい、だとか。

 

打合せや面談、面接がない人は終日社内業務。

問い合わせの対応や、抱えている案件についての業務など。

求人作成、求人検索することも多いです。


~お昼~

外食またはコンビニやお弁当を買う人が多い。

いつ外出か分からないため、お弁当持参のコンサルタントはほぼいない。

 

~午後~

社内業務か外出(面談、面接など)。

17時前後に遠方で面談が終わったら直帰することも多い。

ホワイト企業だと18時くらいに上がれる会社も。
ただ売り上げがきちんと上がっていたらの話。

一般的には早くて19時、残業したなぁで21時程度。

 

 

◆事務スタッフ編◆

終日、資料作りや求人作成、ブログ作成、メルマガ作成など。

PCに向かっていることが大半。

運動不足や肩こりに悩まされること多し。

お客様にお茶出しさせられることもまだまだ多い。

会社のコーヒーマシーンやお茶機の扱いはお手の物。

 

 

 

◆帰宅後&休日編◆

コンサルタントの場合、帰宅後や休日も転送された電話や

登録者からの電話を受けることが多い。

休みだからといって心から休めるわけではない。

扱う業種によっては休日に面談、面接が入ることも多い。

ホワイト企業なら平日に代休がとれるが、なかなかとりづらい

会社もあるかと思います。

 

 

◆人材紹介会社のコンサルタント 服装編◆

とにかく人と会う仕事なので、スーツ。

男性はスーツや靴にこだわっている人も多い。

ただ、個人的統計ではこだわっている人の方が仕事がデキる気がする。

腕時計ばかりギラギラさせている人もいるが、社内でも好感度が著しく

低いことがある。

清潔感が命なので、清潔感がない人と出会ったら

「あぁ、その程度の人ね」と思われてもしかたない。

 

 

◆人材紹介会社 コンサルタントの給料編◆

完全報酬制のところもあれば、サラリーのところもある。

ただ仕事を頑張った分だけ結果として給与にも反映されやすい。

福利厚生の充実度はかなり差がある。

ただ福利厚生は薄いけれど、圧倒的に働きやすいという会社もある。

会社のカラーは千差万別。

 

 

 

【自分の働き方に迷いがでたら読みたい本】著:ちきりん 「未来の働き方を考えよう」

今日はいわゆる「“働き方”本」をご紹介します。

 

 

例えば

「在宅勤務してみたいけれど、不安」

「副業やってみたいけれど、どうなの?」

「正社員辞めたいけれど、辞められない」

 

など今の働き方に疑問を持っていたり、

新しい働き方をしたいけれどどうも勇気が出ないという人は、

この本を読むと新しい一歩が踏み出せるのではないかと思います。

 

「これから先の人生どうしよう」と漠然とした不安をどうにかしたい、

という人や、今、30~40代の方にとっても興味深い内容に感じられることと思います。

 

結局は「人生は一度きり。やりたいことをやれ」

でまとまりそうな内容ではありますが、それを社会的情報でサンドイッチして

しているので、現代の「働く」における社会状況、未来の状況についての

情報はかなり豊富な本ではないかと思います。

 

人事の方が読んでも面白いかも。

社内の新しい人事制度を作りたいときなど大いにヒントになりそうですよ。

 

【本情報】

「未来の働き方を考えよう」

著:ちきりん

文芸春秋

 

 

 

【暴露】ベンチャーの人事部なんてこんなもんだ

ベンチャー企業の人事部で契約書類を扱っていたことがある。
入社前は、書類を送付したり書類チェックを行うのだろうと
想定していた。

面接では若い男性と女性が面接してくれた。
入社が決まり、
「実はあの若い男性、社長なんです」
と言われ、ただただ驚く。
全く社長に見えなかった。

入社してみると、面接でお会いした女性の仕事を

引き継ぐ形だった。その女性に聞けば教えてくれるけれど、
基本的には定年間近?の男性が上司。

とはいえ、私が作った契約書に社印を押すだけ。
そんなもんは誰だってできる。
入社書類は日付の間違いや社名の間違いが命取りなのに、
そこは見ているようで節穴状態。


後々になって自分で気づいて再作成したり、とにかく1人で

全て行っていた。マクロも使ったことのない私が、なんとか
マクロを覚えて契約書を作る。
こんなことでいいのだろうか。
私の一存でグループ会社の契約書類が全てどうにでもなる状態だった。

もちろん責任をもってやっていたが、1人の人の書類を何度も間違えて
しまい、何度も「印鑑をください」とお願いすることもあった。
あの人も「この会社大丈夫なんだろうか」と思ったことだろう。

 

社内にカードキーで入れるのはいいけれど、入社当初は

「まだカードができていないから」と言われ、部屋から出たら
自力で入れない。トイレに行ったら誰かに助けてもらえないと
入室できず、みじめな思いをした。
我慢しすぎて膀胱炎を繰り返した。

本社で契約書類を回収するときでさえ、カードキー無しで
行かされ、誰かが開けてくれた隙に入るという盗人でもないのに
盗人みたいな気分。「どうして全うな仕事をしているはずなのに
こんな疾しい気持ちになるのだろう」とモヤモヤしたものだ。

座席移動の時など、PCを自分で一からセッティングしなければ

ならず、これまで様々な会社で働いてきたけれどこんなことは

初めてだとまたまた驚愕した。

こんなに色々とあったが雇用形態は正社員でも契約社員でもないというのも
忘れてはいけないポイントだ。

なんとかこの環境を乗り越えた、と思ったらある事件が起こり
採用ストップ。そこで採用以外にやっていた仕事を会社は規模拡大。

社内のメンバーも大半が変わり、やっている仕事も変わり、
どうして私はここにいるんだろうと思いながら仕事をしていた。

ベンチャーで培うことのできた経験もたくさんあるけれど、
地味な苦労もたくさんあった。

 


大手の人事部からしたらありえないことだらけだろうけれど。
もちろん全うなベンチャーもあるので、そこは勘違い禁物。

 

 

 

派遣の仕事を辞退したらどうなる?更新前に辞めたくなったらどうする?300%本当の話を教えます。

人材派遣会社に登録し、仕事を紹介してもらって、派遣先の会社で働く仕事が
いわゆる「派遣(ハケン)」です。

派遣会社から仕事を紹介してもらって、顔合わせもして、
「では明日から来てください」と言われた。
でもやっぱり行きたくないとか、
急きょ働けなくなったという場合もあるかと思います。

また働いてみたら辞めたくなったという事もザラにあるでしょう。
そんな場合の対処法はどこにも書いていません。
知恵袋などの情報は一般の方が「こうしたらいいんじゃないの?」的な

感覚で書いているだけなので、正しくないものも多いです。

本来、辞退や更新前の退職は正しいものではありませんが、
「せめてこうした方がいい」というアドバイスについて書かせていただきます。


【派遣の仕事が決まったけれど辞退したくなったらどうする?】
一番やってはいけないのは、バックレ。
連絡なしに出勤もせず、派遣会社から電話があっても無視を決め込む
パターンです。実行自体は意外と簡単にできます。
しかし。それを行えば、確実にその派遣会社からはあなたは
「要注意人物」として認定されてしまい、その後仕事を紹介してもらうことは
できなくなります。
しかたなく他の派遣会社にまた登録しなおす手間はけっこう大変です。
しかもまたバックレた会社を紹介される可能性すらあります。
良くない態度をとりつづけ、どの派遣会社からも相手にされなくなるような人も
少なくありません。

最低でも、派遣担当者に辞退したいという旨を伝えましょう。
理由が理由なら納得してもらえることもあるでしょう。
ただ「職場の雰囲気がどうも気に入らない」
など先方の会社にも伝えづらい理由だと、担当者としても困惑してしまいます。
そしてなるべく早めに伝えること!
当日の朝に待ち合わせ場所に来なくて電話したら「やっぱり・・・」と言うのは
アウトです。

では正当な理由とは例えば何でしょうか?
(これを用いて嘘はつかないでくださいね)
・急きょ、入院することになった
・怪我してしまって通院できなくなった
・親が入院、怪我してしまった
・近しい人が亡くなった
などが挙げられます。

但し、比較的「それならしかたない」と思われる直前の辞退でも、一発でアウトな派遣会社もありますし、「もうしないでくださいね」と一度なら多めに見てくれるところもあります。ただし複数回行ってしまうとやはりアウトです。
その派遣会社で引き続き仕事を紹介してもらいたいのであれば、誠実な対応をとることをお勧めします。「こういった嘘つけばいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、電話のやりとりで嘘は大概バレてしまうので悪用はやめましょう。

尚、事務職など1人くらい足りなくても何とかなりそうな仕事であればまだダメージは小さいですが、販売スタッフなどシフト制で代わりがきかない仕事の場合、直前の辞退は大ダメージとなります。時には派遣会社の担当者がしかたなくあなたの代わりに仕事するハメになることも現実にあるのです・・・。

 


【更新前に辞めたくなったらどうする?】

派遣のお仕事は「契約」で成り立っています。初めの1か月で1度更新をして、そこから3カ月更新というパターンが標準的なものです。(「絶対にずっと1か月更新」などというところもあります。)
更新のタイミングで辞めたいと言うのは合法的なのでOKです。

辞めたいときにはぜひ更新前に言いましょう!
派遣担当者は、最低でも更新1か月前までには更新するかどうか確認を行います。
(何年もずっと更新を繰り返している派遣スタッフには敢えて確認しないこともありますが。)

ただ、まだまだ更新は先だけどもう辞めたいということだってあると思います。
その時にはまず派遣担当者に相談です。派遣先企業の担当者ではなく、です。
相談するとおそらく「更新まで何とかなりませんか?」など言われることもあると思います。しかし相談次第では、悩みが解決することもあります。
働いている会社に派遣担当者が掛け合ってくれて、仕事内容の改善などにつながることも多いです。
小さなことならまず相談を心がけましょう。しかし、もう何をどうやっても辞めたいレベルであれば派遣担当者に伝えてから辞めるほうがこじれません。

「〇〇さんが今朝来ていないんだけど?」で発覚してしまう「もう辞めたいんです」は最悪です。例えば複合施設(ショッピングモールなど)のなかにあるお店で働いていて、急に辞めた場合。その複合施設にあるお店では二度と働けませんよね。派遣会社ももう利用できなくなってしまいます。それを承知で退職を決意する必要があります。

 

またお店や企業から貸与しているものは返却する義務があります。エプロン、名札、カードキーなど。迅速に返却するようにしましょう。



【勤務先からの貸与品、返さなかったらどうなる?体験談】

あるスタッフが緊急入院してしまい、急きょ退職することになってしまいました。

しかし有名複合施設のショップの名札を借りたまま。
これがあれば、なりすまして施設に侵入することができてしまうため
「早く返してください」と施設側、企業側からも口を酸っぱくして言われていますが
スタッフと連絡がとれなくなってしまいました。

派遣会社の担当者だった私は、何度もスタッフ宅を訪れ、時には手書きの手紙をポストに投函し何とか迅速に返却するようお願いしました。スタッフは入院中だったため、手紙を読んだ家族がようやく返却してくれました。

もし返さない間に、その施設内で事件が起こったらどうなるでしょう。
そのスタッフが疑われてしまいます。このスタッフは事情があっても退職でしたが、それでもあらぬ疑いをかけられてしまうことだってあります。
自分のためにも迅速な返却を心がけましょう。


【直前辞退や更新前の退職を防ぐためには?】

顔合わせ(職場見学)のときに何となく嫌な予感がしたら、
派遣担当者に「検討させてください」と言いましょう。
顔合わせまで言ってしまうと暗黙の了解で断れない雰囲気が漂っていますが
契約前ならまだ傷は浅く済みます。

また契約の話が進んでいる間に
「やっぱり・・・」というようなことがあれば、これも担当者に相談しましょう。
逐一相談して何がメリットなの?と感じるかもしれませんが、
逐一相談しておくことでその派遣会社からの理解が得られます。
「それならしかたない」と理解して貰えれば、派遣会社を変える必要はなく
引き続き別の仕事を紹介してもらうことができます。



【最後に】
派遣の仕事はメリットもあればデメリットもあります。
そのあたりをしっかり理解しながら、働くことができれば
よい働き方ができると思います。
辞めたい悩みが深刻化してしまうこともありますが、
「どうしても」の場合は・・・しかたないです。
ただそれを繰り返す大人になってしまうと、ご本人にとっても
よくないので「同じ辞め方をしない努力」は必要だと思います。

 

 

 

 ★おすすめ過去記事★

jinzaitenshyoku.hatenadiary.jp

 

jinzaitenshyoku.hatenadiary.jp

 

 

jinzaitenshyoku.hatenadiary.jp

 

仕事の辞め時(やめどき)はいつ?辞める理由はどうする?

 アルバイトも含めると、
おそらく10回以上は「辞める」を経験している「中の人」として、
「仕事辞めたいな~」と考えながらもやめられず燻っている人のために
辞めドキについて考えてみました。


①研修前
面接には合格したものの、いざ職場に入るとなんかちょっと違った・・・
という時もあるものです。とはいえ、職場側からすると研修にあなたの

お給料も払っているし、指導者側の時間、シフト制の仕事であれば
研修中で人が足りなくなるために余分に人手を増やすなど間接的な
人件費も増やしています。
研修の途中や、研修を終えてから「実は辞めたいんです」と言うくらいなら
きっぱり研修前にお断りした方が双方にとって潔い結果になります。


②退職者が出ると報告を受けたタイミング
例えば部長に呼ばれて「〇〇さんが今月いっぱいで辞めることになった」

ってよくあるシチュエーション。「あー、本当は自分もちょっと辞めたいんだよな~」と思っている人にとってはつらいですよね。
ただもう辞めようと気持ちが固まっているのであれば、この時に「実は自分も」と素直に伝えてしまいましょう。営業職などですと、引継ぎもあります。しかたなく引き継いだけど、やっぱり自分も辞めたいとなると引継ぎの連続になってしまいます。
また自分から「部長、ちょっとお話が・・・」と言い出すのは至難の技ですが、
誰かが辞める時には「おい、ちょっといいか?」と呼び出されると思うので自分から
言い出さず済みます。
会社側としても〇〇が辞めたから次はあいつに頑張ってもらおう、などあなたに余計期待してしまうことになるので、早めに意思を伝えておいた方がいいことも。
ただし、「〇〇が今月末で辞めるからお前はすぐに辞められない」と言われることもあるのでご注意を。
ただ社内に「辞めるのか!」と皆から問いただされたり、辞めるときは何かと大変ですが誰かに続いて辞めると、ちょっと辞めやすくはなります。


③会社の統合、事業部の編成などのタイミング

「来月から〇〇社と統合します」「A部は来月からなくなります」

など社内の変化はたびたびあるものです。ごたごたしているタイミングで
辞めてしまうのも手。ある種、ごたごたのせいにもできるからです。

 

④結婚、出産、介護

男性だとなかなか結婚で辞める、は可能性薄ですが。
彼がいれば、結婚を理由に退職はしやすいです。

(本当に結婚しなくとも。ただ社内の人間と関係を絶たないと、
あとあとこじれます)
本当に辞めなければいけないときもあります。



⑤就活

就活にもお金がかかりますが、やはり一旦はスパッと辞めないとなかなか
集中できないのも事実。私自身、経験がありますがはっきりと「〇月末に辞めます!」と言わず「〇月くらいまでに~」という伝え方をしたら、ずっとシフトを入れられて困った経験が。自分以外にもたくさん就活で辞めてきた人はいますし、「困るなー」と言われてもなんだかんだどうにかなります。だから勇気を出して言うべし!



何より
・一日中「辞めたい」と思いながら仕事をしている
・つらすぎて体調やメンタルにも支障がでている
などであれば、もう「今でしょ」状態です。


辞められない仕事はありません。
そして辞めることはけっして恥ではありません。



自分の給与以上の売り上げがなくたって気にならなくなる話

f:id:writerami:20170226170910j:plain

 

 

特に営業職の人は、自分の給与以上の売り上げがないと
「あぁ、会社に貢献していないな」と落ち込むことも
多いのではないでしょうか?


私自身も新卒の時、上司に
「貰っている給与分すら稼げていないのにこれだけ
貰えるなんてすごいことなんだからなッ!!!」
と言われたため
このような思考を刷り込まれたまま、長年生きてきました。



そんな思考を今更ながら変えることができたのが


「目に見える利益を上げなくても雰囲気を作って
会社の役に立つ社員もいるではないか。」

 

山崎ナオコーラ「美しい距離」)

という一文。


確かに目に見える利益を上げれば
会社にも居やすいですが、よくよく思い返してみると
そこまで売り上げが出ていなくても何故か長年在籍できて
いる社員さんもいたものでした。

そんな人は確かに、「会社の雰囲気を作っている人」
(または上司に気に入られている人とも言う)でした。

ですので、数字が出せなくてもムードメーカーとして
生き残る道もあります!

自分がどんな路線でこの会社で生き残るのかを
考えることって案外必要なことなのかもしれません。



 

 

私たちが年収にこだわってしまう理由

 

f:id:writerami:20170215114929j:plain

 

 

 

人材サービス業を営んでいる側から転職者を見ていると、
「年収、年収ってウルサイナー」と思ってしまうことが
あります。すみません。


↑転職希望者からするとイラッしましたか?
でも毎日のように「年収、年収」と言われ
年収の高い求人しか受け入れてもらえないと、
お仕事を紹介する側としては困ってしまうのです。



なぜ私たちは転職するときに一番に「年収」を見てしまうのか。
それは年収が数値化されていて最も指標にしやすいからに
ちがいありません。


年収が低くても働きやすい求人は実はたくさんあります。
例えば「ホワイト企業度」「ブラック企業度」「繁忙度」
などが数値化されていると、これまでの求人の見方が
きっと変わるのではないでしょうか。

 

・・・「高額年収」の裏に潜むモノに気付こう・・・

年収が下がるのを好む人はいないと思いますが、
年収が少し下がってもトータルの勤務時間が減ったのなら
「今までの年収からお金を出して自分の時間へ投資する」
と考えてみてはどうでしょうか?


また、そもそも年収が上がる理由を考えてみましょう。
それは仕事が今より忙しくなるからです。
早い話、自分の時間・ストレスとお金を交換したようなものです。
プライベートな時間がなくなりストレスが増えれば、
「自炊?面倒くさい、外食しよう」
「あー、いらいらするからショッピングで気分転換しよう」
と、結果的にもっとお金を使ってしまう人も多いのでは
ないでしょうか?


高額年収に飛びつく際には、
年収が上がる裏にあるものをよく考えたうえで
行うことをおすすめします。