人材業界の「中の人」が語る、人材・派遣・就職・転職バナシ

人材業界・派遣業界や転職について、仕事や転職が上手くいかない方に向けて語っています。

転職の悩みは「お仕事系小説」で実用的解決を!

「お仕事系小説」が好きな私です。

(「お仕事系小説」とは・・・。

 

・主人公が自分の働き方を見出す
・特定の業界を舞台にした内容
ブラック企業が舞台
・OLやサラリーマンが主人公

など。

 

ひと昔前よりも、「お仕事系小説」に当てはまる本は
かなり増えたのではないかと思います。)



ということで、今回ご紹介したい「お仕事系小説」は

山本文緒・著 「なぎさ」。

 

タイトルからは微塵も感じさせませんが
れっきとした「お仕事系小説」といえます。

 

 

まず帯で痺れました。

「同じ悩みにそろそろ飽きろ。人生の登場人物を変えるんだ。」

 

仕事の悩みをうじうじ考えている人にとっては、刺激的なコピーです。
リクナビキャリアあたりのコピーにでもありそう。

 

 

ブラック企業に勤める主人公の夫と夫の後輩。

じわじわと身体や心がおかしくなっていく様がまさにリアルです。

本人は気付きづらいものなんですよね。

 

主人公が就職サイトをネットカフェで閲覧してみるものの

私のわがままな希望に沿った仕事は、これからもたぶんないだろう。

とか、

働きたくないわけではない。ほどほどに働きたい。

あたり、共感できますよね~。

 

この本の登場人物の職種はさまざま。転職っぷりもさまざま。

 

主婦→カフェ経営

会社員→無職

お笑い芸人→会社員→アルバイト(カフェ店員→交通整理)→転職活動中
漫画家→経営者かぶれ

どれかは自分自身に近い人物が見つかるのではないでしょうか。


「人たらし」なる人物も出てきますが、本当に社会にはこういう人がいます。
都合のいいこと言って責任もとらない人。

こういう人に若い方は騙されないように気を付けてほしいものです。

 

「生きていくということは、やり過ごすことだよ。」

こんなセリフが理解できるようになれれば、社会の酸いも甘いも味わって

きたのだなと言えるのかもしれません。

 

 

ご自身の生き方、働き方に漠然と迷いがあるなら

「お仕事系小説」は心に沁みたり、ハッとさせれたりと、とても面白いと

思いますよ。

 

ちなみに・・・。

「前に友達に相談されて調べたことがあるんだけど、何時から何時まで

働いたってメモさえつけておけば、結構簡単に残業代って取り戻せるみたいよ。

それにね、不当な長時間労働で体調崩した時は労災指定病院に行くのがいいみたい。

治療費が無料になることもあるらしいし、労災が認められて病欠ってことになったら、

休んでいる間にもお給料に八割くらい支払ってもらえることもあるんだって。

他にもいろいろ手当も支給されるみたいよ」

 

これ、本文ですからね!

ブラック企業脱出方法マニュアル本といってもいいかもしれない。

さりげなく、今困っている人のために助けるためのフックがたくさん

作られている、そんな本だとも思います。

 

 

 

 (おすすめ過去記事はこちら~↓)

jinzaitenshyoku.hatenadiary.jp

 

 

 

jinzaitenshyoku.hatenadiary.jp